廃棄物処分場の浸出水処理

 一般廃棄物は、焼却処分、リサイクルならび中間処理された後、最終的には埋立処分されます。埋立地のゴミ層を通過した雨水などの浸出水は、埋立地の底部の遮水シートで遮水され、集水ピットに集められます。この浸出水は自然環境・生活環境を考慮して、所定の放流水水質まで処理した後に放流されます。PSIはここでも採用されており、SS、BOD、COD、色度成分の除去を目的に凝集処理工程で用いられます。

閉じる