下水中の硫化水素の対策

 下水中で発生する硫化水素が硫酸になることでコンクリート構造物は腐食されます。したがって、硫化水素の発生を出来る限り抑えることが重要となります。この硫化水素の発生の抑制には鉄系凝集剤が有効であり、PSIの添加で大幅に低減できます。また、PSIを添加した場合には、スラッジからの硫化水素の発生も抑えることができ、臭気対策としても有効です。

閉じる