藻類の除去

 PSI-100は強固で大きなフロックを形成することから、藻類の除去に優れた効果を発揮します。沈降性に富んだフロックが形成され、短時間での沈降分離が可能となることから、省スペースでの沈澱処理に適しています。ただし、凝集剤の使用量やスラッジの発生量が多くなることから、コスト面では課題があります。一方、PSI-025はPSI-100に比べると沈降分離性能は若干劣るものの、凝集剤使用量、スラッジ発生量およびろ過抵抗の面で優れています。浄水場など沈澱処理後に砂ろ過処理を行う場合では、PSI-025の適用メリットが発揮されます。

写真1 フロック形成状況(藻類)(急速撹拌1分経過後)
写真2 フロック沈降状況(藻類)(緩速撹拌後・静置沈降10分経過後)
閉じる